庭づくり、庭の手入れ
外構工事

造園屋
庭冶ふじの
niwayafujino

京都 右京区

みどりと暮らす

安らぎの住まい空間

ご家族と共にある空間

思いやご希望お伝えください

お客様ひとりひとりの
暮らしに合わせた
お庭のご提案させて頂きます


あなたに寄り添う素敵なお庭を



植物を身近に


天然素材の害虫忌避剤や
セメントを使わないなど
環境に優しいエコな施工も
ご相談ください

老朽化した外溝の
リフォームなども
ご相談ください
木製機能門柱や
木製フェンス、植栽への
ご変更など
外構工事も致します






ブログ「植貞園冶」

https://ameblo.jp/kyoto-uetei168-55/

御見積り無料

私たちの仕事


造園設計、施工
庭の手入れ
年間管理 寒肥、春の芽摘み透かし、秋の本透かし、除草、掃除、薬剤散布、その他
(透かし=剪定)
竹垣作成
四ツ目垣、御簾垣、創作竹垣、その他
庭づくり 石組、石積、滝流れ、枯山水、池泉、植栽、玄関アプローチ、芝張り、その他
外構工事 木製機能門柱、木塀、ブロック塀、
フェンス、ガレージ、
カーポート、デッキ、
その他

天然素材の害虫忌避剤
竹垣作成
四ツ目垣、御簾垣、創作竹垣、その他


  • 庭造り
    W様邸
  • 庭づくり
    T様邸
  • 庭づくり
    Daniel'sSole
  • 庭のお手入れ、年間管理など
  • 庭造り
    京都市左京区
  • 庭造り
    W様邸
  • 庭造り
    W様邸

施工事例
「庭冶ふじの」が作る味わい深い庭づくり
(ご覧頂けるお庭も御座います。お気軽にお声掛け下さい)

施工までの流れ

  • お問い合わせ
    お電話やお問い合わせフォームより
    ご連絡ください
  • 現地調査、ヒアリング
    無料にて訪問見積を行います
    お庭の状態確認、測量、
    ご要望をヒアリング致します
  • プラン、見積りご提案
    ご要望、お庭の状態に合わせて
    プランを作成し、ご提案致します
    ご契約までは無料です
  • ご契約
    プラン内容にご納得頂けましたら
    ご契約となります
  • 施工開始
    ご契約後、材料手配、
    スケジュール調整し
    工事開始となります
  • お引き渡し
    施工完了後、お客様にご確認頂き
    お引き渡しとなります
  • アフターフォロー
    施工後のメンテナンスも
    お任せください

    年間管理や単発でのお手入れ承ります

    みどりある豊かな暮らしの
    お手伝いを致します
  • プラン、見積りご提案
    ご要望、お庭の状態に合わせて
    プランを作成し、ご提案致します
    ご契約までは無料です
  • ご契約
    プラン内容にご納得頂けましたら
    ご契約となります
  • お引き渡し
    施工完了後、お客様にご確認頂き
    お引き渡しとなります

お問い合わせ

直接お電話、FAX頂くか、
下記のフォームより

必要事項をご入力のうえ
ご連絡ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

庭冶ふじの 藤野 篤 
職歴16年(R3/4月現在)

HP:090-1714-6748
TEL・FAX:075(755)9865
京都市右京区鳴滝桐ヶ淵町19−4−101

私たちのこと

庭冶ふじの』NIWAYAFUJINO

[〖冶〗(や)]と云う言葉の意味の中の1つに、女性の美しい様子。なまめかしい。
「艶冶(えんや)」
と、云う意味がある使い方があります。

その『冶』を庭の美しい様子という意味と、

[冶金(やきん)]鉱石などから
金属を抽出する技術は[採鉱冶金]と
呼ばれ、合金の製造や物理的加工を
行うことで金属の性質を変えて実用に
用いやすくすることを
[製造冶金]と云う意味より。

庭を冶いる(作り上げる)と
美しい様子の2つの意味を込めて
造語で、屋号を
『庭冶ふじの』としました。

どうぞ、宜しくお願致します。

残してくれた物を大切に、
そして、進化して更なる発展を
目指して。


『伝統とは、灰を崇拝する事ではなく
 炎を絶やさない事である』

グスタフ・マーラーの言葉です。


植貞、先代が残してくれた物、
それは何かと考えてみました。

透かし(剪定)で言いますと

透かしの基本、
これはこの仕事に携わって
いらっしゃる方なら
皆さんご存知だと思うので
当然なのですが、その基本の技を使って
言葉では説明しきれない綺麗さにあると思います。

庭づくりもそうです。基本の技を使って
庭の綺麗な姿をつくること。と、言葉で説明しきれない綺麗なもの、技を残してくれた祖父に感謝して、これからも
炎を絶やさず頑張ろうと思います。

[グスタフ・マーラー=オーストリア、作曲家、指揮者]


京都 岡崎、南禅寺永観堂のすぐそばに生まれ育った祖父
(服部貞二、1980年没、享年76歳)は
茨木徳治郎氏の元、植善で修行し一番番頭まで登り詰め、一年間という異例な長さのお礼奉公の後、下鴨の地にて独立開業したのが始まりです。
その祖父の兄も植治の一番番頭で『たけさん』の愛称で有名でした。

庭の綺麗な姿、木の綺麗な姿を知り尽くした祖父の力を
今も私たちが受け継いでいます。
作業の仕方は誰でも教えられます
本当の綺麗さは見て学ぶ。
美しいものを知らずに美しさは表現しきれないと私は思います。

藤野 篤

「みどり箱」


インテリアグリーン
「みどり箱」
詳しくはこちら⏬
https://peraichi.com/la
nding_pages/view/midoribako